地方自治体と企業の協力による地域と地球の未来のために
エコ・プラネット
 

 ◆ HOME
 
 ◆ 今後の事業取組み
 
 ◆ オンライン・セミナー
 
 ◆ オンライン・視察
 
 ◆ オンライン・展示館
 
 ◆ エコ・E−ラーニング
 
 ◆ メールマガジン/雑誌
 
 ◆ エコプロフィール
 
 ◆ 企業の地域活動
 
 ◆ 施策、制度情報
 
 






 
「エコ・プラネット」リニューアルについて 
 

いよいよ環境元年(京都議定書約束期間の第1年)がスタートし、皆様が取組まれている温暖化防止対策の本番が始まりました。

私どもは、一昨年暮れ(平成18年11月)、皆様方の取組みに対して、今後、どのようなお手伝いを行う必要があるのか?その意向をお尋ねすることを目的として、全国市長会、全国町村会と共同で、「環境施策取組状況、情報提供・利用要望調査」を実施いたしました。

その結果については既にお届けしておりますが、特に要望の多かった、「環境関連情報の一元化」「先進事例情報の提供」「情報や意見の交換(メールネット)システム構築」等の意見にお応えすべく、限られた予算、体制の中でシステム等の改善の取り組みを進めて参りました。

今般、ようやくその一部が利用できることとなりました。システムは構築されましたものの、提供いたしたい情報につきましては、これから、関係各団体のご協力をいただきながら、順次、充実していかなければならない状況であります。

当システムをご理解いただき、システムに対するご意見や提供情報についてのご注文をいただくなど、皆様方の手によって新しいシステムを育てていただきたいと考え、敢えて不十分のまま公開に踏み切ったところであります。

トップ画面でもご覧いただけますように、私どもは、「環境問題の取り組みをテーマとした地域の活性化」を「地方自治体と企業の協力」によって実現していただけるよう、「連携のお手伝い」が出来ることを目的として、事業を進めてまいることとしております。

このため、今回のリニューアルにおいて特に重点的に取り組みましたのが、企業が持つ、知恵や技術、さらには、資金や企業意欲を如何にして環境をテーマにした地域の活性化につなげることができるのか、ということであります。


1) トップ画面左に配置しております「オンライン・セミナー」、「オンライン・視察」、「オンライン・展示館」は、厳しい財政事情に置かれている皆様方に、それぞれの地域の取り組みや事情に応じた必要情報を、信頼できる提供先から、リアルに(オーサリングシステムによる映像を交えて)、無料で簡単に利用いただけるよう、登録いただいた「メールネット」を効果的に利用するシステムとして提案したものであります。

今後は、既に、先進的、モデル的な取り組みを進められている各団体に協力をお願いして、関係の情報を提供いただき、取組みに関係された企業等の協力をいただきながら、掲載・提供情報の作成を進めてまいることとしております。


2) また、「エコ・E−ラーニング」のシステムは、地域の住民や児童、企業の方々に対する環境教育や環境経営等についての教材を映像等を交えながら提供するシステムで、今後の地域づくりの基本的な取組みのためのシステムとして利用いただくものです。

提供企業や団体の経費負担のため、若干の利用料金をいただくシステムとなりますが、必要に応じて利用を選択できるシステムを採用いたすこととしております。


3) 一昨年から(現在20号)、環境マネジメントの普及推進をテーマに連載しております「メールマガジン」につきましては、今回新たに「環境未来都市づくり」のテーマで、連載を開始しております。今後は、「自然エネルギーの取組みによる地域づくり」(仮題)等いろいろなテーマの企画を提供し、環境に関してさまざまな取組みに携わっておられる、できるだけ多くの皆様に、その時々に、必要に応じた情報を交えて提供していきたいと考えております。


4) 今回新たに設けました「企業の地域活動」情報の提供は、省エネ技術等で世界最先端の技術水準にあるといわれているわが国の各分野の企業について、立地されている各地域での環境取組みを紹介し、地域と企業の共存・共栄の姿を提供していきたいと考えております。


5) なお、「地域エコプロフィール」、「施策・制度情報」につきましては、掲載方法やメンテナンスシステム等の基本的な改善を計画しており、今しばらく時間を要する状況となっておりますので、当面、従来の掲載・リンク情報を利用いただくこととしております。 

以上、今回のリニューアルの概要について紹介いたしましたが、詳細につきましては、それぞれのコンテンツを操作し、ご覧いただき、このような機能を皆様の職場や仕事でどのように利用いただくこととなるのか、ご検討いただくとともに、内容やシステムに関してのご注文、ご意見をどしどし寄せていただきますよう、よろしくお願いいたします。
PDFでのダウンロードはこちらから
 





 

Copyright (C) 2008 株式会社 知識経営研究所 All rights reserved.