実行計画(事務事業編)の改訂について

このところ、電気の温室効果ガス排出係数がうなぎ上りに増加していたが、それも落ち着き始めています。事の良し悪しは別として、原子力発電所の再稼働の道筋が出来つつあるからです。『エネルギー使用量は削減できたが、温室効果ガス排出量は増加した』と言いう自治体も多かったようですが、漸くエネルギーと温室効果ガスの傾向が同調できるようです。

<続きはPDFファイルでお読みください>
PDFファイルのダウンロードはこちらから。

サイト内検索

月別記事