気候変動レポート

 「気候変動監視レポート2012」(平成25年6月発行)の巻頭緒言に、第34回のIPCC総会の特別報告書のことが掲載されていました。IPCCは、1988年に、、『人間活動に起因する気候変動に伴うリスクの理解や、それらの気候変動の潜在的な影響、適応や緩和のための選択肢に関連する科学的、技術的、社会経済的な情報を評価すること』を目的に、世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)によって設立された団体で、次の体制で調査研究に取り組んでいるようです。

<続きはPDFファイルでお読みください>
PDFファイルのダウンロードはこちらから。

サイト内検索

月別記事