無理なくできる空調の省エネのヒント

 空調は、施設全体のエネルギー使用量の多く占めており、省エネを推進する上で欠かせない対象である。日常における空調の省エネ対策としては、設定温度の管理(夏は28℃、冬は20℃)やブラインドの活用、定期的なフィルターの清掃などがあるが、何年も前から既に実施してきた取り組みであり、中には、暑い中でも空調を止めて仕事をするなど職場環境を犠牲している職場も見受けられ、ほぼ限界に達している状況である。

<続きはPDFファイルでお読みください>
PDFファイルのダウンロードはこちらから。

サイト内検索

月別記事