生物多様性対策のひろがり・・・国や民間による支援について

 1992 年にブラジルのリオデジャネイロで開かれた国連環境開発会議(地球サミット)に合わせてあわせて採択された条約に「生物の多様性に関する条約:Convention on Biological Diversity(CBD))」がある。
 熱帯雨林の急激な減少、種の絶滅の進行など、人類存続に欠かせない生物資源の消失への危機感などが動機となり、それらの保全と持続可能な利用に関する包括的な国際枠組みを設けるために作成されたものだ。

<続きはPDFファイルでお読みください>
PDFファイルのダウンロードはこちらから。

サイト内検索

月別記事